スルフォラファン サプリ

バナー原稿 468×60 (120405)imp

カゴメのスルフォラファンが人気

僕は、営業をやっているのですが、30代の半ばから、接待の翌日に疲れが残るようになってきました。

 

取引先との関係は大事なので、接待に行かないわけにいきません。でも、翌日しんどいので何とかならないかなといろいろとサプリメントを探していました。

 

そんな時に、新聞を読んでいたら、カゴメのスルフォラファンのサプルメントがサラリーマンの間で人気だという記事を読みました。スルフォラファン?と聞いてもよくわからないですよね。

 

僕も、よくわからなかったので、スルフォラファンについて、ウィキペディアで調べてみました。

 

(*以下、ウィキペディアの引用です。実際の所は研究の原典に当たって確認をお願いします。)

 

スルフォラファン (sulforaphane) は、ブロッコリーに含まれる、フィトケミカルの一種で、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進してくれるため、体内の解毒力や抗酸化力を高めるそうです。

 

研究結果としても、新陳代謝を高めたり、肝臓の解毒能力を高める、胃炎によいという結果が報告されているようです。

 

抗酸化というと、ビタミンCが思い浮かびますが、ビタミンCの場合は、数時間で効力がなくなります。
スルフォラファンは、酵素なので3日くらい抗酸化作用が継続するそうです。

 

なんだかすごい物質ですよね・・・美容にもよさそうです。

 

カゴメのスルフォラファンについては、こういう悩みを持っている方が飲むと良いようです。

 

→なんだか毎日スッキリしない、いつもより元気が出ない・・・、毎日残業が続いている、接待でハードな日々。

 

スルフォラファンを飲むことによって、翌朝、残らないということですから、翌日張り切って仕事できそうだと思いました^^


カゴメのスルフォラファンは、品質が高い&手軽に飲める。

スルフォラファンを、サプリメントして、手軽に摂取できるようにしたのが、カゴメです。
大体1日、30mgのスルフォラファンを摂取するとよいらしいのですが、この量を摂取しようと思ったらブロッコリーを一株食べないといけません。

 

しかし、サプリメントなら、すぐのめるので手軽です。
特にカゴメのサプリなら、30mgの高濃度スルフォラファンを摂取することができます。

 

カゴメは元々、野菜の研究を100年以上続けています。
野菜ジュースやケチャップとかが特に有名なのですが、そんな野菜に対するこだわりがサプリメントにも詰まっています。

 

他の会社と比べても、品質、材料、共に最高級でよいと思います。

 

1本で30日分(通常価格:4500円、定期コース:3950円)
なので普通のサプリメントに比べると少し高価な感じがしますが、最近注目されている成分なので、試して見る価値は十分あると思います。

 

今なら、初回限定のサプリメントを携帯するケースが付いてきますし、定期のお届けコースなら、割引+送料無料になります。

 

健康食品は、続けないと効果が実感できないことが多いので、1つ買ってみて、身体に合いそうなら続けて見るとよいでしょう。

バナー原稿 300×250 (120405)imp

 

 

スルフォラファンを普通の野菜からとるなら、どれくらい食べればよいですか?

サプリメントって結構高いので、できるならスーパーとかで野菜を買って補いたいですよね。
体内で、スルフォラファンになるスルフォラファングルコシノレートは、スーパーとかで
売っているブロッコリーにも含まれているそうです。

 

だったら、スーパーで買えばよいわけですが、
一日に食べた方が良い量はこれくらいです。

 

スルフォラファン30mgと同じ野菜の量。

 

・ブロッコリー一株
・ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽、カイワレ大根みたいな感じ?):1.5パック

 

といった量です。

 

まぁ、3日くらいなら、ブロッコリーをゆでてマヨネーズをかければおいしく食べられそうですけど、
1週間続けば、ブロッコリーを見るのも嫌になってくるのかなと。。

 

その点、カゴメのサプリメントなら、3粒放り込むだけなので、手軽に続けることが
できると思いますよ。

 

あと、ブロッコリーの品質的にも、カゴメはサプリメント専用の野菜を育てているので、
スーパーで中国産の農薬とか大丈夫かな??という野菜を食べるよりも安心感もあってよさそうです。

 

サプリメント的には、海外のブロッコリースプラウトのサプリメントも売られているようですが、
原料的にどうなのかな??というものもありますので、品質の高い国内製のカゴメのサプリの方が
良いかなと個人的には思いますね。