30代40代で心がけたい健康習慣♪

30代40代で心がけたい健康づくり♪

気持ちは若いつもりでも、少し無理をすると昔と違ってすぐに体がついていかなくなるのが40代です。
体型が変化したり、白髪が増えたり、関節が痛んだり、小さい文字が見えなくなったりといった明確な老いを感じるようになるのもこの世代からかもしれません。
40代は健康の転換期といえる時期であり、この年代に入ると健康だった人でもなにかしらの体調不良などを抱えやすいといわれています。そんな40代を健康的に過ごしていくためには、自分で気を付けて日々を過ごすことが重要となってきます。
では、具体的に何をすればいいのかということですが、まず食事の見直しです。

 

代謝が衰えているのに若い頃と同じような食事をとっていると、あっという間に太ってしまいます。特に内臓脂肪が増えてしまうと、メタボリック・シンドロームを引き起こしやすくなり、そうなると生命を脅かす生活習慣病を招く可能性も高くなるのです。
一度生活習慣病を患うと、一生の付き合いとなることも多いので予防のためにも食生活を見直していくことが重要です。

 

また運動習慣がないのであれば、軽めの運動もはじめたいものです。健康の基本は足腰ともいわれるので、足腰が衰えないように一日30分程度の運動を心掛けましょう。
このように生活習慣を見直すことが40代の健康には必要だといえます。